Purchase System

太陽光発電の区分

太陽光発電の系統連系区分は下表のようになります。

固定価格買取制度について

2012 年に制定された固定価格買取制度とは、再生可能エネルギーで発電した電気を一定期間(買取期間)、
国が決めた価格(買取価格)で電力会社が買い取ることを義務付けた制度です。
この固定価格買取制度の制定を機に、太陽光発電は注目を集め、その設備数を増やしてきました。

買取期間

固定価格買取制度による買取期間は、太陽光発電設備の容量によって以下のように異なります。
■10kW 未満:10 年間  ■10kW 以上:20 年間
なお、容量とは基本的には太陽光モジュールの合計出力とパワーコンディショナーの合計出力のうち低い数値のことです。

買取価格

太陽光発電の買取価格は、太陽光発電の容量により異なります。
買取価格は下表のように推移しており、年々下がってきていることがわかります。

太陽光発電買取価格の推移

お知らせ

NEWS

世の中に溢れる情報から厳選したニュースをお届け

お問い合わせCONTACT

ご意見・ご質問など、お問い合わせは、
下記フォームからお願いいたします。

お問い合わせをする