merit

導入のメリット

① 企業価値向上

事業で利用する電力の100%を再生可能エネルギーで賄うことを目指す国際イニシアチブ「RE100」には、38 社の日本企業が加盟しています(2020 年9 月現在)。さらに、日本では、2019 年10 月に中小企業や企業以外の団体なども加盟できる「再エネ100 宣言 REAction」(RE Action)が発足しており、再生可能エネルギー100%化を目指す企業がますます注目を集めています。

PPA モデルでは、自社で所有をしている設備ではなくとも、太陽光で発電した電力を事業に利用しているため、温室効果ガスの排出量が少ない再生可能エネルギーを利用していることになりなります。そのため、RE100 に加盟するための条件の一部を満たすことができたり、SDGs(持続可能な開発目標)の目標達成に貢献しているとアピールしたりすることができます。電気代を削減できるだけでなく、環境問題に取り組んでいる企業としてイメージの向上を図ることができます。

② 初期投資・管理コストゼロ

お客様の屋根や屋上に事業者が無償で太陽光発電設備を設置します。設置した太陽光発電設備は、事業者の所有となるためお客様の管理コストや財務処理等の費用負担はかかりません。

PPA モデルでは、太陽光発電設備で発電した電気をお客様は事業者から購入して事業所内で利用することができます。そのため、空いているスペースを有効活用して初期投資・管理コストゼロで再生可能エネルギーにより発電した電気を利用することができるのです。

③ 再エネ賦課金を含む電力購入の削減

電力会社から購入する電力料金には、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」によって電力の買い取りに要した費用を、電気の使用量に応じて電気を購入するお客様が負担する「再エネ賦課金」という費用が含まれています。再エネ賦課金は年々高くなっており、2020 年度は1kWh 当たり2.98 円に上がりました。また、今後も上昇することが予想されま
す。

それに対し、太陽光発電設備で作られた電気には再エネ賦課金がかからないため、再エネ賦課金を含む購入電力量の削減により電気代を削減することが可能となります。

お知らせ

NEWS

世の中に溢れる情報から厳選したニュースをお届け

お問い合わせCONTACT

ご意見・ご質問など、お問い合わせは、
下記フォームからお願いいたします。

お問い合わせをする